当日累計入場者数:-

当日のリアルタイムの入園者数:-

快適度指数:-

最大積載量:37000人

瞬時積載量:9000人

予測観光者数

天気予報:

陰イオン:-

PM2.5:-

空気の品質:一級

騒音指標:一類

地表の水の品質:II類

人気観光地

大湿地に遊ぶ    深呼吸をする

葦の迷宮

发布时间:2020-08-28

ヨシ迷路の面積は3000ムーで、総長さ15キロの川が60本貫通して構成されており、中国で最も面積の大きいヨシ迷路である。左前方のこの群像は淮北抗日民主根拠地の一部の党政軍指導者の彫刻で、右から左へ順に新四軍四師長の彭雪楓、政委鄧子恢、淮北行政公署主任の劉瑞龍、九旅旅長の張愛萍、参謀長の張震であり、彼らはここで困難を極めた「三十三天」の反掃討と大規模な水上匪賊の戦いを指導した。ここは人民軍隊の初の大規模な水戦発生地であり、張愛萍から「新中国海軍のゆりかご」と称賛された。船で遊覧して、川の九曲十八弯、葦が青紗帳のような美しい景色を楽しむことができ、濃厚な文化伝承を感じ、抗日戦争シーンを再現し、泗洪県の生態文明を展示し、不思議な大湖伝説を体験するタイムスリップでもある。1800万年前に野果で酒造された双溝酔猿から1600余年の文明を持つ古徐国文化まで、中国の歴史長河の中に壮麗な詩篇が書かれていた。

前方にある古色文明区にあるのは、1800万年前に古猿が果実を採集して酒造りをしていたことで、積み上げられた果実が浸漬発酵し、魅力的なまろやかな香りを放っていた。1977年、中国科学院考古専門家は泗洪県県双溝鎮でこれらの酔猿化石を発見した。前方で一生懸命働いているのは下草湾の人の生活シーンで、木を掘って火を取っているものもあれば、石器で狩りをしているものもある。5万年前、泗洪県には直立歩行できる下草湾人が住んでいました。彼らは江蘇で発見された最初の古人類遺跡です。下草湾人の前方は8000年前の順山に古人の生活シーンが集まっており、順山集人類遺跡の発見は江蘇文明史を1600年早め、2012年の中国十大新考古発見のトップである。前は古徐国の「掛剣留徐」の誠信故事で、古徐国は建国1600余年、泗洪県を都としていた。呉国季札が徐国を経由した時、剣を徐君に贈ろうとしたと伝えられ、徐君は、「君が帰国してから私に贈るのは遅くありません。」しかし季札が徐国に帰ってきたとき、徐君はすでに亡くなっていたので、徐君の墓前に剣をぶら下げた。それ以来、「掛剣留徐」は千古佳話として伝えられ、古徐国の後世の人に推賞され、今日の泗洪県人の親切な客好き、情意を重視し、誠実さと品行を重視する品格を形成した。

ヨシの間を歩いて、昔の事は千年を越えて、私たちは戦火が降る1942年に来ました。第二次世界大戦中、泗洪県は全国19の抗日民主革命根拠地の一つ、新四軍師部があり、ここで発生した戦闘は数百回であり、彭雪楓が指導する33日間の反掃討闘争、朱家崗の激しい戦い、張愛萍が指揮した湖賊退治戦争があった。現在私たちは彭雪楓率いる33日間の反掃討戦争現場に来て、日本軍は3000人余りを集め、飛行機、大砲、モーターボートの協力の下、洪沢湖抗日民主根拠地を大規模に掃討した。新四軍四師団は、洪沢湖の天然のヨシと縦横に交差する湖を利用して、新四軍四師団は洪沢湖の天然ヨシ叢と縦横に交差する湖を利用して、船を漕いで日本軍と激しい反掃討ゲリラ戦を繰り広げ、最終的に勝利を収めた。勝利の過程は辛い。見て!前のこの橋は、当時岸から湖区に撤退した唯一の鉄橋であり、この橋を頼りに、新四軍四師団の大量の重武器が続々とヨシ原の奥に運ばれて隠れ、後日大部隊の反攻に合わせて、堅固な基礎を築いたのである。敵は部隊の撤退を阻止するために、飛行機で橋を爆破した。前方は工委島です。そこでは、水上戦闘革命記念館を見学し、革命先人たちが苦労を恐れず、勇敢に敵に抵抗した感動的な事績を感じることができる。皆さんは自分の手で敵を殺す標的競技も体験することができます。

洪沢湖には、大禹治水のために偉大な戦功を立てた巨竜が隠れていると伝えられています。それは二つのちょうちんのような目をしていて、金色に輝く鱗をかぶっています。千百年来、竜王とその兵将たちは湖区の人々を守っていたが、ここの人々はそれを「湖神」と尊称していた。古代では鯉が竜門を越えると竜に変化すると言われていましたが、後世は鯉が竜門を跳ぶことを中挙、昇進などの出世に例えています。見て、龍門は私たちの前にあって、この門を通って、十年の寒窓を苦読している学生たちは合格して、あなたの家庭も幸せで和やかで、生活はますます良くなって、事業はもっと上になります。洪沢湖は物産が豊富で、カニは美味しく、有名な中国カニの郷であり、カニ養殖面積は60万ムー、年間生産量は8000万斤で、江蘇省の首位を占めている。泗洪県のカニの裏側には「H」形の模様があります。これは天然の「地理印」です。名湖は良いカニを育てて、泗洪県の上海蟹は「中国で最もきれいなカニ」で、それらの生長環境は優良で、魚エビとサザエを食べて形は“殻が青で、お腹が白く、カニはさみが黄金色で、体が大きい”という4つの特徴があり、肉質は“色が鮮やかで、カニクリームは赤色で、肉の味が美しく、少し甘い、味が美しい”の5つの特色があり、秋には、雌カニのカニミソが豊かで、雄カニの白子は肥美で、体が大きくて、思わずよだれが出てしまいます。観光客は続々と、「洪沢湖湿地に来て、泗洪県のカニを食べないのは残念です!」と絶賛しています。皆さん、機会があれば食べてみてください。食感はとてもいいです。

観光客の皆さん、今回の迷路の旅は終わります。まだ意を尽くしていなければ、また洪沢湖にいらっしゃってください。


317

前のページに戻す>>

著作権所有:泗洪洪泽湖生态资源开发有限公司 ICP登録番号:苏ICP备17045549号-1
公安届出番号:321324402000556