当日累計入場者数:-

当日のリアルタイムの入園者数:-

快適度指数:-

最大積載量:37000人

瞬時積載量:9000人

予測観光者数

天気予報:

陰イオン:-

PM2.5:-

空気の品質:一級

騒音指標:一類

地表の水の品質:II類

湿地科学普及

大湿地に遊ぶ    深呼吸をする

湿地の基本概念

发布时间:2020-09-03

湿地は陸生生態系と水生生態系の間にある過渡的地帯で、土壌が水に浸漬している特定の環境の下で、多くの湿地の特徴的な植物が生育しています。湿地は世界各地に広く分布し、多くの野生動植物資源を有し、海洋、森林とともに地球三大生態と呼ばれています。多くの珍しい水鳥の繁殖と移動は湿地から離れられないので、湿地は「鳥の楽園」と呼ばれています。湿地強大な生態浄化作用を持っているので、「地球の腎臓」という美名があります。

 

湿地はほとんど世界各地に分布していますが、人類が湿地について本当に知っているのはこの半世紀近くのことです。現在国内外湿地の定義についてまだ完全に一致していないが、湿地条約の定義はすでに締約国ごとに普遍的に受け入れられています

 

「湿地系とは、天然または人工、常久または一時的な沼地、湿原、泥炭地または水域地帯を問わず、静止または流動淡水、汽水あるいは塩水の水体者で、低潮時の水深が6 mを超えない浅海域も含みます。」この定義によると、湿地は湖、川、沼(森林沼、類沼と草本沼)、干潟(河原、湖灘と沿海干潟)、塩湖、塩沼及び海岸帯のサンゴ礁、海草区、紅林と河口などがあります。湿地湿地の豊かな種を保護するため、1971年2月2日に全世界政府間保護条約湿地条約が制定されました湿地条約」が提出した湿地の定義は湿地保護と管理に役立ちますが、湿地のエピタクシーを列挙しただけで、湿地の本質的性質は指摘されていません

 

湿地の一番著しい標識は水の存在で、普通は水、植物と土壌などの基本的な特徴によって湿地を識別できます。

 

・水——地表には長年の積水、季節的な積水がありますまたは土壌が湿潤しすぎます

 

・植物——水生、沼生湿生植物

 

・土壌——排水不良の水を土にすることを主として、機械質をたくさんみます



88888.jpg


386

前のページに戻す>>

著作権所有:泗洪洪泽湖生态资源开发有限公司 ICP登録番号:苏ICP备17045549号-1
公安届出番号:321324402000556