当日累計入場者数:-

当日のリアルタイムの入園者数:-

快適度指数:-

最大積載量:37000人

瞬時積載量:9000人

予測観光者数

天気予報:

陰イオン:-

PM2.5:-

空気の品質:一級

騒音指標:一類

地表の水の品質:II類

洪沢湖

大湿地に遊ぶ    深呼吸をする

洪沢湖

发布时间:2020-09-03

洪沢湖中国の第4の大きい淡水湖で、江蘇省西部の淮河下流、蘇北平原の中部の西側、淮安、宿遷の両市の境内に位置しています。地理位置は北緯33º06'-33º40'、東経118º10'-118º52´の間で、淮河中下流の接合部です。もとは浅水の小さい湖の群で、は富陵湖と称しました。東、西漢以後で破釜塘と称して、隋朝では洪沢浦を呼ばれ、唐代は洪沢湖という名前を使いめました1128年以降、黄河が南へ流れる途中、泗水を経由して淮河下流の河道を海に奪い、淮河は海に入る水路を失い、盱眙水をため、元の小湖は洪沢湖に拡大しました。洪沢湖の湖面は広くて、資源が豊富で、長い歴史を持っています。洪沢湖淮河流域の大規模なダム、航運の中枢だけではなくて、漁業、特産物、鳥や家畜製品の生産基地で、ごとに闘金が出る」の名誉がもとからあります。

 

洪沢湖の形成には三つの要因があります。一つは地殻が破断してできたくぼみで、洪沢湖形成された自然要因であり、胚胎は唐宋以前の小湖群から始まりました。主に富陵湖、破釜谷、泥山湖、万家湖などがあります。二つ目は、黄河の淮河奪取は洪沢湖の原形を形成する客観的な要素で。宋紹煕五年(西暦紀元1194年)、黄河は陽武を決し、梁山泊まで南北二本に分けられ、南は水と合流し、南淮河に流れ込みます。これは黄河の改道の始まりで。清代の咸豊五年(西暦紀元1855年)まで、黄河移動して、利津から海に入り、黄河淮河奪取は700年近くになります。黄河が高い所にあるため、淮河に逆流し、黄河と河が合流し、流量が増加し、水位が高くなり、富陵湖、破釜塘などの大きいまた小さい湖沼、低地が連なり、湖となりました三つ目、高家堰(洪沢湖大堤)を築するのは洪沢湖が完全に形成した人為的な要素であり、決定的な要素でもあります

h.jpg

491

前のページに戻す>>

著作権所有:泗洪洪泽湖生态资源开发有限公司 ICP登録番号:苏ICP备17045549号-1
公安届出番号:321324402000556